[本文]

国名:
中国
公開機関:
中国科学院
元記事公開日:
2020/11/13
抄訳記事公開日:
2021/03/29
元記事の言語:
中国語

中国科学院、クラリベイト社、リサーチフロント2020を発表

2020研究前沿发布暨研讨会在中国科学院举行

本文:

2020年11月13日、中国科学院の科技戦略諮詢研究院、文献情報センターとクラリベイト社は、2020年のリサーチフロントの発表会を開催した。会場では200名以上、オンラインで2400名以上が参加し、『リサーチフロント2020』と『リサーチフロントホット指標』が発表された。
リサーチフロントは、2014年から科技戦略諮詢研究院の研究チームとクラリベイト社が発表してきたもの。本年は、初めて「数学・計算機科学・工学」を「数学」と「情報科学」に分けて、11分野で110のホットリサーチフロントと38のエマージングリサーチフロントを選定した。『リサーチフロントホット指標』は、これらのリサーチフロントでの主要国の研究の活性度を比較したもの。米国がトップで中国が2位、英国、ドイツ、フランスが3,4,5位となった。米国は7分野でホット指標がトップだった。中国と欧米との間には改善が見られる。

〔DW編集局〕*本記事は科学技術振興機構北京事務所の協力を得て作成された。