[本文]

国名:
英国
公開機関:
英国政府
元記事公開日:
2021/03/30
抄訳記事公開日:
2021/04/02
元記事の言語:
英語

★英国最大企業の3分の1が炭素排出量ネットゼロに取り組む

Third of UK's biggest companies commit to net zero

本文:

3月31日時点で、英国FTSE100企業のうち30社が、国連のRace to Zeroキャンペーンに署名した。このキャンペーンは、遅くとも2050年までに炭素排出量ネットゼロ達成をコミットする過去最大のグローバルアライアンスである。今回の署名により、誓約数は過去5か月間で2倍になった。アストラゼネカ、BTグループ、セインズベリー、ユニリーバなどの企業が参加しており、これらの企業の時価総額合計は6,500億ポンドに上る。現在までに、世界中の様々な規模の2,000社以上の企業が国連気候変動枠組条約(UNFCCC) Race to Zeroに参加しており、参加企業の約3分の1は英国企業である。政府は、グラスゴーで開催予定の国連気候変動会議COP26に先立ち、さらに多くの企業にRace to Zeroへの参加を求めている。

[DW編集局+SciREX編集局]