[本文]

国名:
米国
公開機関:
エネルギー省(DOE)
元記事公開日:
2021/03/25
抄訳記事公開日:
2021/04/02
元記事の言語:
英語

★DOEが2030年までに太陽光発電コストを半分以上削減する目標を発表

DOE Announces Goal to Cut Solar Costs by More than Half by 2030

本文:

米国エネルギー省(DOE)は、コストを削減し、性能を向上させ、太陽エネルギー技術の展開を加速するための約1億2,800万ドルの資金に加えて、今後10年以内に太陽光発電コストを60%削減するという野心的な目標を発表した。太陽エネルギーの展開を加速させて、2035年までに100%クリーンな電力網というバイデン大統領の目標を達成するためには、太陽光発電コストの削減が不可欠である。今後15年間で目標を達成するためには、数百ギガワットの太陽光発電施設を、今よりも5倍速く設置していく必要がある。そのため、DOEは太陽エネルギーの2030年コスト目標を5年間前倒しして、現在の4.6セント/ kWhを2025年までに3.0セント/ kWh、2030年までに2.0セント/ kWhに引き下げるという新しい目標を設定した。

[DW編集局+SciREX編集局]