[本文]

国名:
中国
公開機関:
新華社
元記事公開日:
2021/03/08
抄訳記事公開日:
2021/04/05
元記事の言語:
中国語

中国、科技部長が両会で基礎研究強化の方針を示す

王志刚:2020年我国基础研究占研发总经费比重首次超过6%

本文:

3月7日の全国政協における共産党以外の民主党派委員の会議において、王科技部長(日本の大臣に相当)か
ら基礎研究等に関して以下の発言があった。

  • 2020年の基礎研究経費は初めて社会全体の研究開発経費の6%を超えた。(長年5%前後だった。)
  • 第13次五カ年計画期間には、中央政府の基礎研究経費は倍増し、13の応用数学センターを建設し、物質科学、量子科学、ナノ科学、生命科学等で大きな成果。
  • 2021年は中央政府の基礎研究支出を10.6%増とし、第14次五カ年計画期間も増加を図る。
  • 第14次五カ年計画の草案に示されているように基礎研究10年行動計画を策定し、基礎研究センターを重点配置し、基礎研究経費の割合を8%以上にする。
  • 委員の間で指摘のあった中国が多くの技術的な“ボトルネック”を抱えているという問題、その根本となる基礎理論研究の立ち遅れ、つまり川上と川下の双方に問題を有しているということについて、王部長も強く同意し、生産や実際上の問題における科学の課題をより重視し、研究人材が自身の興味と結び付けて、ゴール指向の応用基礎研究を志向する。
  • 第14次五カ年計画期間中、科技部は、プラットフォーム建設や政策環境、研究評価の改善、若手研究者のサポートを強化する。これにより、ハイレベルの人材がさらに集まり、基礎研究に取り組み、国家の発展と安全の課題を解消していくことを期待している。

〔DW編集局〕*本記事は科学技術振興機構北京事務所の協力を得て作成された。