[本文]

国名:
ドイツ
公開機関:
ドイツ連邦教育研究省(BMBF)
元記事公開日:
2021/03/11
抄訳記事公開日:
2021/04/13
元記事の言語:
ドイツ語

カルリチェク大臣が省エネAIチップを表彰

Karliczek: Energiesparsame KI-Chips ausgezeichnet

本文:

連邦教育研究大臣がイノベーションコンクール「エネルギー効率の良いAIシステム」の受賞者を発表、これに関して連邦教育研究省(BMBF)は概略下記のような報道発表を行った、

「エネルギー効率の良いAIシステム」コンクールは飛躍的イノベーション機構設立の前段階で「アイデアレーダー」として行われた3つのコンクールのうちの1つである。本日のオンライン表彰式における4勝者の発表に当たり、カルリチェクBMBF大臣は以下のとおり語った。

「人工知能(AI)はまだ多くのエネルギーを消費している。しかし経済・イノベーション拠点ドイツにとって非常なポテンシャルをもたらすものである。AIは徐々に日常生活に益々取り入れられている。BMBFは、全国の大学や研究機関に対して、最高のアイデアによって省エネAIチップの開発に関するコンクールに応募するよう呼びかけた。選考された4チームの健闘を称える。この4勝者はそれぞれ約100万ユーロの資金を得て、各々のプロジェクトでさらなる開発を進める類例のないチャンスを手にすることになる」。

受賞チーム:

  • カテゴリーFPGA(Field Programmable Gate Array):フラホーファーITWM研究所チームおよびカイザースラウテルン工科大学チーム
  • カテゴリーASIC(Application-Specific Integrated Circuit):エアランゲン・ニュルンベルク大学およびフラウンホーファーIIS研究所チーム
  • カテゴリーASIC 22FDX(Application-Specific Integrated Circuit,22FDX, Fully-Dpleted SOI Technologies): 1) ドレスデン工科大学チーム、および2) ハーン・シッカウルト(Hahn-Schickard)応用研究協会チームおよびフライブルク大学チーム

[DW編集局]