[本文]

国名:
中国
公開機関:
中国政府網
元記事公開日:
2021/03/02
抄訳記事公開日:
2021/04/20
元記事の言語:
中国語

山東省:「第14次五カ年計画」期間の高度なスキルを持った人材の総数380万人突破を目指して努力

山东:力争“十四五”期间高技能人材总量突破380万人

本文:

2021年3月2日付の中国政府網は、新華社記者の“山東省:「第14次五カ年計画」期間の高度なスキルを持った人材の総数380万人突破を目指して努力”と題する以下の記事を掲載している。

山東省政府報道事務室が3月2日に行った記者会見から得た情報によると、山東省が先ごろ公布した「スキルで山東省を振興させる行動を展開し、スキルを持った人材の隊列の建設を強化することに関する若干の措置」は、「第14次五カ年計画」の期間にスキルを持った人材の養成、使用、評価、インセンティブの制度体系を完成させ、2025年までに山東省の高度なスキルを持った人材の総数380万人以上を達成するために努力するよう呼びかけた。

侯復東山東省人力資源・社会保障庁副庁長は次のように述べている。
山東省は、さらに強力な「トレーニングを促進して」、就業、起業の能力を高めるよう提起している。「第14次五カ年計画」期間に、企業従業員が、技師、高級技師トレーニングに参加する活動を強化し、参加人数を「第13次五カ年計画」期間の毎年1万人から毎年2万人に増やす。同時に、産学融合見習制トレーニングを全面的に推し進め、企業の現代化見習制と新しいタイプの見習制を切り込みポイントとして、各タイプの大学・高等専門学校が見習工トレーニングの任務を積極的に引き受け、企業が新採用した職員・労働者および転勤した職員・労働者の技能レベルを引き上げる。企業新型見習工トレーニングプログラムに組み込まれる企業に対しては、規定に従って一人当たり毎年人民幣4,000元を下回らない職業トレーニング補助金を支給する。

山東省はまた、さらに強力に奨励、激励を行い、リーダーとなる人材の待遇を向上させる。山東省は、国家クラス技能大師工作室を建設する機関・企業に対して、人民幣10万元の国の建設補助資金を基礎として、成績審査状況に基づいてさらに人民幣10万元を下回らない奨励補助資金を支給すると規定している。この他、「山東省技能大賞」、「山東省首席技師」、「山東省技術技能大師」選抜・奨励制度・体系を設け、この中で「山東省技能大賞」を獲得したものは、人民幣30万元の1回限りの奨励金が支給されるとともに、「中華技能大賞」の評価・選考に優先的に推薦される。

人材評価において、山東省は、企業が自主的にその活力を用いて、企業技能人材の自主的評価を全面的に推進し、「誰が人を用い、誰が評価を行い、誰が責任を負うか」を堅持し、企業技能人材職業技能等級の自主認定を実現するよう要求している。

[DW編集局]