[本文]

国名:
米国
公開機関:
全米科学・工学・医学アカデミー(NASEM)
元記事公開日:
2021/02/26
抄訳記事公開日:
2021/05/11
元記事の言語:
英語

高等教育におけるセクシュアル・ハラスメント防止のための新たなネットワーク

New Partner Network Created to Engage a Range of Organizations in Sharing Efforts to Prevent Sexual Harassment in Higher Education

本文:

2021年2月26日付けの全米科学・工学・医学アカデミー(NASEM)の標記記事の概要は以下のとおりである。

NASEMの「高等教育におけるセクシュアル・ハラスメント防止に関する共同行動」は、様々な高等教育機関が、高等教育におけるセクシュアル・ハラスメントの防止と対処のための活動を共有するために、教育に焦点を当てた広範な組織を含む新たなパートナー・ネットワークを13の機関を創設メンバーとして開始した。

本共同活動は、2019年に創設されており、セクシュアル・ハラスメント防止のために、基本的な法令遵守を超えて、証拠に基づく方針と実践に移行する取り組みを展開・実施するための、高等教育機関の作業を推進している。活動には、現在、60のカレッジ、大学、研究機関が加盟している。

この新たなパートナー・ネットワークに参加する組織は、以下の貢献が求められている。
・本共同行動の活動への積極的な参加
・セクシュアル・ハラスメントの防止と対処に関する組織的取り組みとイノベーションに関する情報共有
・本共同行動によって特定または公表されたリソースやプラクティスの活用、適合、実装、共有

パートナー・ネットワークへの参加は、高等教育機関、高等教育関連またはその他の学術研究機関・研究所、高等教育協会、高等教育におけるセクシュアル・ハラスメントへの対応に関心のある草の根・提言団体、連邦政府機関、国立研究所、高等教育に関心のある慈善団体・営利企業、その他高等教育におけるセクシュアル・ハラスメントの防止・対応に主な重点を置いている団体に開かれている。

[DW編集局+JSTワシントン事務所]