[本文]

国名:
中国
公開機関:
中国政府網
元記事公開日:
2021/03/16
抄訳記事公開日:
2021/05/19
元記事の言語:
中国語

中国・雄安新区、企業のイノベーションと発展を促進

雄安新区鼓励企业创新发展

本文:

中国政府網は、「人民日報」紙に掲載された「雄安新区、企業のイノベーションの発展を激励」と題する論評を掲載し、次のように報じた。

北京市の非首都機能緩和の取り組みを加速し、イノベーションの事業体を積極的に導入、育成し、企業のイノベーションと発展を促し、雄安新区の質の高い発展をサポートするため、河北省雄安新区管理委員会はこのほど「河北省雄安新区における企業のイノベーションと発展を支援するためのいくつかの措置」を発表し、支援の適用範囲、支援内容、補助金および奨励基準等に関する規定を策定した。

雄安新区は、同区の企業に対する新製品、新技術、新サービスを定期的に募集するとともに、専門家を組織して、同区のスマートシティ建設のための応用のシーンを研究・開発し、同区の企業による応用のデモンストレーションの展開を奨励する。上記の応用が実証された製品、技術、サービスを購入した同区の企業に対し、実際の契約額の20%以下で200万元以内の補助金を支給する。

同措置は、新しいインフラの建設、スマートシティの建設およびハイエンド産業の発展等の分野で、主要な共通技術に対して特別な研究開発賞を設定し、同区の企業の技術研究実施を支援し、研究開発補助金として、最高で500万元を各プロジェクトを担当する機関・企業等に支給することを提案している。

また、雄安新区の企業、機関およびイノベーション機関が国際規格、国家規格および業界規格の制定に主導的に関与することを奨励し、プロジェクトごとにそれぞれ100万元、50万元、30万元を上限とした補助金を支給する。また、国際規格、国家規格および業界規格の修正に対しては、それぞれ40万元、20万元、10万元を上限とする補助金を支給する。

同措置は、同区企業による重要技術装置の最初の1台(セット)の普及および使用を支持するもので、省レベル以上の認定に合格したプロジェクトに対して、最高100万元(一回限り)の補助金が与えられる。工業情報省または河北省の補助金を獲得したプロジェクトに対しては、実際の年間保険料の15%に基づき、最高で100万元の補助金が支給される。国家レベルの重大研究開発プロジェクトまたは省レベル以上のイノベーションプラットホームの申請に成功した企業については、同区および関連企業・機関は、実際に獲得した特別資金に対して1:1のマッチングファンドを受け取る。国家ハイテク企業として初めて認定された企業には、30万元(一回限り)の補助金が支給され、国家ハイテク企業として改めて認定された企業には、10万元(一回限り)の補助金が支給されることを明らかにしている。

科学技術企業のインキュベーターおよび衆創空間(Crowd Innovation Space)を建設・発展の促進・支援において、新区は国家レベル、省レベル科学技術企業インキュベーターまたは衆創空間として認定(届出)されたものに対して、50万元(一回限り)の補助金を支給する。インキュベーターを終了した数に応じて、終了後に10万元の補助金が支給される。インキュベーター内の育成企業に対して、その年に新区で働く正式な従業員の人数を基数とし、一人当たり平均10平方メートルのオフィススペースに従い、2年間毎年最高で100万元を超えない範囲で、一日あたり1.5元/平方メートルの公用住居賃借料補助金が支給される。

[DW編集局]