[本文]

国名:
EU
公開機関:
欧州委員会(EC)
元記事公開日:
2021/04/09
抄訳記事公開日:
2021/05/21
元記事の言語:
英語

10億ユーロ規模の欧州イノベーション会議初回公募の開始

Commission opens first European Innovation Council calls worth €1 billion

本文:

2021年4月9日付欧州委員会(EC)の標記発表の概要は以下のとおり。

欧州イノベーション会議(EIC)の発足と最初のファンディング機会の発表に続いて、ECはこのほど初めての「EICアクセラレータ」公募を開始した。10億ユーロを超えるこのファンディングには、大きなインパクトを与える可能性のある新興企業や中小企業のスケールアップを支援する狙いがある。ファンディングの半分以上はあらゆる分野の画期的なイノベーションに開かれている。他方、4億9,500万ユーロは、欧州グリーン・ディールと、デジタル・医療技術を支援するイノベーションに割り当てられる。

「EIC アクセラレータ」は、収益を生み出すまでに、より長期間にわたって多額のファンディングを必要とする科学的発見や技術的ブレークスルーに焦点を当てている。このようなイノベーションは、リスクと期間が一般的に大きすぎるため、資金調達に苦労することが多い。このファンディングにより、イノベーターは、より短い時間枠でスケールアップに必要な全投資額を引き付けることができる。

「EICアクセラレータ」は、イノベーションの規模を拡大するために必要な他の投資家を引き寄せるための触媒として機能する。独自のファンディング・モデルにより、新興企業・中小企業に最大250万ユーロの助成金と、50万ユーロ~1,500万ユーロの範囲のEIC基金を通じた株式投資を提供する。財政的支援に加えて、すべてのプロジェクトは、主要な専門知識、企業、投資家、エコシステム関係者へのアクセスを提供するさまざまな事業促進サービスの恩恵を受ける。

ECはまた、1億6,800万ユーロの予算で「EICパスファインダ」プログラムの公募を開始した。学際的な研究者チームが、研究・イノベーション助成金の応募することができる。この助成金は、画期的なアイデアの実現を支援して、経済・社会を変革するプラスの効果をもたらす。300万ユーロ~400万ユーロの助成金は、世界的な課題に取り組み、我々の生活を向上させる革新的な技術に焦点を当てる。

● 背景

2021年3月に発足した欧州イノベーション会議(EIC)は、2021~2027年の7年間で100億ユーロを超える予算を有し、イノベーターのためのワンストップ・ショップである。画期的な技術に関する初期段階の科学研究から、研究結果の商業的機会への移行、革新的な新興企業や中小企業の展開とスケールアップまでの支援を提供する。

「EIC アクセラレータ」は、技術開発の後期段階とスケールアップを支援する。したがって、イノベーションの技術構成要素は、研究室またはその他の関連する環境で試験・検証されている必要がある。これは、他の2つのEICプログラムを補完する。1つは「EICパスファインダ」で、学際的な研究者チームによる科学技術のブレークスルーのビジョンの実現を支援する。もう1つは「EIC トランジション」で、研究成果をイノベーションの機会に変えることを目的としている。

[DW編集局]