[本文]

国名:
米国
公開機関:
国立科学財団(NSF)
元記事公開日:
2021/04/29
抄訳記事公開日:
2021/06/28
元記事の言語:
英語

「科学・工学における女性、マイノリティ、障害者」2021年報告書の発表

NSF and NCSES release 2021 Women, Minorities, and Persons with Disabilities in Science and Engineering report

本文:

2021年4月29日付の国立科学財団(NSF)による標記発表の概要は以下のとおりである。

国立科学・工学統計センター(NCSES)は、2021 年の「科学・工学における女性、マイノリティ、障害者」に関する報告書(2021 Women, Minorities, and Persons with Disabilities in Science and Engineering)を発表した。この隔年報告書は、科学と工学の教育・雇用における過小評価されたグループの参加レベルに関する詳細情報を提供する。

報告書の主要なトピック領域は、在学者数、学位取得分野、雇用の状況、アカデミックキャリアを含む職種等である。この報告書は、女性、障害者、マイノリティに焦点を当てている。これらのグループは、米国の人口に占める割合に比して科学・工学に従事する割合が少ない傾向にある。

議会は、過小評価グループの参加を奨励・強化するというNSFの任務の一環として、1980年の科学・工学機会均等法に基づいて、本報告を義務付けている。

[DW編集局+JSTワシントン事務所]