[本文]

国名:
スウェーデン
公開機関:
スウェーデン・イノベーションシステム庁(VINNOVA)
元記事公開日:
2021/05/17
抄訳記事公開日:
2021/06/30
元記事の言語:
英語

持続可能でデジタル化されたスウェーデンに向けた共同の取り組み

Joint effort for a sustainable digitalised Sweden

本文:

2021年5月17日付スウェーデン・イノベーションシステム庁( VINNOVA )の標記発表の概要は以下のとおり。

4つの政府機関(VINNOVA、スウェーデン郵便電気通信庁(PTS)、スウェーデン・デジタル管理庁、スウェーデン研究会議)が、デジタル化されたスウェーデンに向けた国家的共同取り組みの提案を政府に提出する。これら政府機関は、競争力と持続可能性に焦点を当ててスウェーデンのデジタル能力を強化する戦略プログラムを提案する。

本プログラムは、2030年を視野に入れて、競争力を高めるためのスウェーデンのデジタル能力の強化と、生態学的、社会的、経済的持続可能性のためのイノベーション・システムの強化に焦点を当てる。

提案によると、本国家プログラムには、それぞれ主たる焦点が異なり、官・民両方の活動を含む多様な種類のイニシアチブを有する4つのサブプログラムが必要である。

・グリーントランジションと社会的持続可能性に必要なデジタル化
・高度なデジタル化
・デジタル・インフラとデータ
・デジタル能力と成熟度

年間予算は毎年増加され、2024年以降は少なくとも55億スウェーデン・クローナ(SFK)に引き上げられる必要がある。

[DW編集局+JSTパリ事務所]