[本文]

国名:
ドイツ
公開機関:
マックスプランク協会(MPG)
元記事公開日:
2021/05/20
抄訳記事公開日:
2021/07/02
元記事の言語:
ドイツ語

マスクの使用はCovid-19に対して効果的である

Gesichtsmasken schützen effektiv vor Covid-19

本文:

2021年5月20日付のマックスプランク協会(MPG)による標記発表の概要は以下のとおりである。
「マスクを忘れずに」-ほとんどの人が当たり前だと思っているこのフレーズだが、専門家の間でさえフェイスマスクの有効性について意見が分かれている。マックスプランク化学研究所(マインツ)の研究者を中心とした国際的なチームは、観察データとモデル計算を基に、どのような条件下で、どのようにマスクが、Covid-19の感染リスクを減少させ、コロナ・パンデミックを抑制できるかを示した。日常の状況では単純な外科用マスクでさえも効果的に、リスクを軽減することに役立っている。感染の確率が高い空気中の高いウイルス濃度の環境、特に医療現場や人密度の高い屋内では、空気感染を防ぐために、高い有効性を有するマスク(N95/FFP2)等を使用し、換気や安全な距離を保つなどのさらなる防護措置と組み合わせることが望まれる。
マスクは空気感染症の感染に対する最も簡単で、最も手軽に使用され、最も効果的な対策の一つである。一方で、Sars-CoV-2の感染に対する有効性は幾度となく議論され、疑問視されてきた。
「ほとんどの場合、空気中のウイルス濃度は非常に低いので、単純な外科用マスクでもCovid-19の拡散を抑制するのには効果的である」とマックスプランク化学研究所ミネルバ研究グループ長のヤファン・チェン(Yafang Cheng)氏は述べる。
「高品質のマスクと、換気や人との間隔の維持などの他の防御措置との組み合わせは、高リスクの患者が高レベル濃度のウイルスと遭遇する可能性のある病院、医療センター、その他の室内空間では特に重要となる」とシャリテ大学医学部呼吸器研究部門長のクリスチアン・ヴィット(Christian Witt)氏は語った。
本研究は、科学雑誌サイエンスに掲載されていたが、多くの人々がマスクを正しく装着している場合には、Covid-19の実効再生産数が効果的に減少することが示されている。当初観察されていた約3という再生産数を1以下に減らすためには、少なくとも60~70%の人々が外科用マスクを正しく装着する必要がある。N95/FFP2マスクを装着する場合には、その割合は約40%になるであろう。Sars-CoV-2のような感染力の高い変異体の場合には、それに応じてより多くの人々がマスク装着する必要がある。
「本研究で得られたメカニズムに関する知見と定量的な成果は、マスク着用の有効性に関する議論を終了させ、コロナ・パンデミックを効果的に封じ込める上での科学的で強力な根拠になり得ると確信している」と、マックスプランク化学研究所多相化学部門長であるウルリッヒ・ピェシェル(Ulrich Pöschl)氏は結論付けた。

[DW編集局]