[本文]

国名:
EU
公開機関:
欧州委員会(EC)
元記事公開日:
2021/06/25
抄訳記事公開日:
2021/07/30
元記事の言語:
英語

欧州議会が3,730億ユーロの2021~2027年結束政策立法パッケージを採択

Commission welcomes the adoption of €373 billion Cohesion policy legislative package 2021-2027

本文:

2021年6月25日付欧州委員会(EC)の標記発表の概要は以下のとおり。

欧州委員会(EC)は、3,730億ユーロの2021~2027年結束政策立法パッケージで、欧州議会が政治的合意に至り、パッケージが採択されたことを歓迎する。これは立法手続きの最終段階であり、結束法は7月1日に発効可能となる。

パッケージには、次の規則が含まれている。

・共有管理基金のための共通規定規則(CPR)
・欧州地域開発基金(ERDF)および結束基金(CF)規制
・欧州社会基金プラス(ESF +)規制
・地域間(Interreg)規則では、欧州地域開発基金と外部資金調達手段により支援される欧州の地域協力目標のための特定の規定を定めている。

● 新規の共通規定規則(CPR)は、8つの共有管理基金(欧州地域開発基金(ERDF)、結束基金(CF)、欧州社会基金プラス(ESF+)、欧州海事・水産・養殖基金(EMFF)、公正移行基金(JTF)、および庇護・移住・統合基金(AMIF)、国境管理・入国査証(BMVI)、域内安全保障基金(ISF)向け財務規則)の共同法的枠組みを提供する。

● 欧州地域開発基金(ERDF)・結束基金(CF)規則は、ERDF(2260億ユーロ)およびCF(480億ユーロ)に独自の規定を定めている。ERDFは、地域間の不均衡を是正することにより、欧州連合(EU)の経済的・社会的結束の強化に貢献すると同時に、テーマ別のリソース集中を通じてEUの政治的優先事項の実現を図る。CFは、環境分野のプロジェクトと、輸送インフラの分野における欧州横断ネットワークを支援する。

● 欧州社会基金プラス(ESF +)は、市民向け投資のためのEUの主要基金である。これは、欧州の柱となる社会的権利を実現し、雇用を支援し、公正で社会的に包摂的な社会を構築するための重要な資金支援手段となる。これはまた、コロナウイルス危機後の社会や経済の復興のために、加盟国に多くの必要な資源を提供するものである。2021~2027年の予算は993億ユーロで、加盟国はこの資金を使って雇用機会を創出・保護し、社会的包摂を促進し、ホームレス対策を含む貧困対策を行い、労働者に対してデジタル・グリーン移行に必要なスキルを与えることができる。また、加盟国が若者に投資し、子どもの貧困に取り組むという野心的な要件も含まれている。

● 公正移行基金(JTF)は、192億ユーロの総予算を持つ新たな結束政策基金である。JTFは、欧州グリーン・ディールの重要な要素であり、公正移行メカニズム(JTM)の第1の柱である。これは、主に経済活動の多様化と変化する労働市場への人々の適応を支援することを目的とした幅広い活動を通じて、気候中立な経済への移行に伴って生じる社会的・経済的コスト軽減を目的としている。公共部門融資制度(PSLF)はJTMの第3の柱であり、EU予算を活用して、追加の資金支援へのアクセスを提供する。この制度は特に公的機関を対象としており、財政的に実行可能な十分な収入を生み出さないプロジェクトに対して優先的な貸付環境を創出する。

● 最後に、81億ユーロの予算で、第6世代の Interreg は、欧州全体で、そのすべての多様な繋がり(国境を越えた、国家間、地域間)の地域協力を継続して形成する。

[DW編集局]