[本文]

国名:
フランス
公開機関:
高等教育・研究・イノベーション省(MESRI)
元記事公開日:
2021/06/22
抄訳記事公開日:
2021/08/03
元記事の言語:
フランス語

RENATER ネットワーク:政府行動計画の展開

Réseau RENATER : déploiement du plan d'action du M.E.S.R.I. et du M.E.N.J.S.

本文:

2021年6月22日付高等教育・研究・イノベーション省(MESRI)の標記発表の概要は以下のとおり。

技術・教育・研究向け全国電気通信ネットワーク(RENATER)は、近年その活動が拡大しているものの、その経済的・組織的モデルが十分な最新化を伴っていないことが分かった。ここ数ヶ月の間に、公益団体(GIP)RENATERの財政状況に関する不確実性と、そのサービスの質の維持に関する懸念について、MESRI大臣に報告された。
(GIP RENATER は1993年に、研究・高等教育コミュニティのプレーヤーに、ネットワーク、インフラ、サービスに基づいたフランスの高速デジタル通信と関連データの管理手段を提供する目的で、創設されている)

● 高等教育・研究・国民教育担当省の行動計画

[即時対応策]

・会計処理の信頼性向上および2021年予算状況の特性把握の実行。
・RENATERの運営チームにおけるスキルの向上や支援機能の専門化に向けた条件の整備。

などである。

[中期対応策(2021年10月から)]

・RENATERの運営組織は、スキルの向上や支援機能の専門化を可能にするべく、必要に応じて再最適化が図られる。
・RENATERの任務とその経済モデルに関する新たな検討が、特にデジタルサービス・インフラ委員会(CoSIN)の枠組みの中で、GIPおよびその他の高等教育・研究・イノベーション(ESRI)施設のメンバーと共同して開始される。
・政府が、目的・資金契約(COM)や目的・成果契約(COP)などの複数年ロードマップを通じてRENATERと契約を結ぶ機会も、真の年次運営対話による議論や評価の基盤として、検討される。

などである。

[長期対応策(2022年夏以降)]

・GIPのステータス変更の可能性が検討される。

[DW編集局+JSTパリ事務所]