[本文]

国名:
フランス
公開機関:
高等教育・研究・イノベーション省(MESRI)
元記事公開日:
2021/06/24
抄訳記事公開日:
2021/08/11
元記事の言語:
フランス語

プログラム公募「探索的優先研究のプログラム・設備(PEPR)」

Appel à programmes "Programmes et équipements prioritaires de recherche exploratoires"

本文:

2021年6月24日付高等教育・研究・イノベーション省(MESRI)の標記発表の概要は以下のとおり。

第3次将来への投資プログラム(PIA 3)の「研究用機器の構造化」および「優先研究プログラム」の施策から得られた教訓に基づいて、第4次将来への投資プログラム(PIA 4)の「優先研究プログラム・設備」(PEPR)施策は、国または欧州レベルで優先と見なされ、技術、経済、社会、保健、環境などの変革にリンクしている(又はリンクする可能性が高い)科学分野において、フランスのリーダーシップを構築・強化することを目的としている。本施策のいわゆる「探索的」側面において、政府は、出現し始めてはいるがまだ揺籃期にあるこの変革の可能性の探索の支援を期待している。

5月末に、この公募に対する熱意と成功を約束する、探索的なPEPRの提案意向書簡67通が提出され、最終的にそのうちの20件の 探索的PEPR提案が選抜された。各プロジェクトリーダーは、2021年7月30日までに必要書類をそろえて提出する必要がある。これらの書類は、国立研究機構(ANR)が招集する国際審査委員会の審査を受ける。最初に採択される探索的PEPRは、2021年9月に発表される。

PIA 4の最初の3年間に総計10億ユーロで、約20件の探索的 PEPR が開始される予定である。各PEPRに対する平均的な支援額は5,000万ユーロ規模となる。金額はセクターや潜在的な効果によって異なる。第2次のPEPRは、2021年の第3四半期に開始される。

このプログラム公募は、科学的テーマ全般に開かれている。

[DW編集局+JSTパリ事務所]