[本文]

国名:
中国
公開機関:
科学技術部(MOST)
元記事公開日:
2021/06/25
抄訳記事公開日:
2021/08/25
元記事の言語:
中国語

中国・フィンランド、ハイテク分野に関する会議開催

第二届中芬高技术领域对接会成功举办

本文:

2021年6月22日、第2回中国・フィンランドによるハイテク分野でのマッチメイキング会議および長江デルタ中国・フィンランドイノベーション協力交流会議が開催された。本会議は、中国科学技術部国際協力局およびフィンランド国立ビジネス振興庁が共催し、江蘇省科学技術庁が運営を実施した。

趙静中国科学技術部国際協力局副局長、過利平江蘇省科学技術庁副庁長、パシ・ヘルマン・フィンランド駐上海総領事およびコポラ・フィンランド国立ビジネス振興庁長が出席するとともに挨拶を行った。

趙静副局長は、6月21日、中国とフィンランド両国の元首は電話会談を行い、科学研究、科学教育とグリーン低炭素等の分野において協力を強化し、気候変動の挑戦に共同で対応し、科学技術イノベーションにおける2国間の新たな協力を拡大する方向で合意に達したと述べた。今回のマッチメイキング会議は、両国のイノベーション創業協力の展開推進のための重要な措置である。両国の大学・専門学校、科学研究機関と企業が協力を深化させ、エピデミック後の二国間科学技術協力の新たな段階に向けて共に推進できるよう希望すると述べた。

ヘルマン総領事は、現在、世界経済は回復を続けており、将来的には低炭素への転換にさらに依拠することになり、フィンランドと中国にはクリーンエネルギー、循環経済等の分野において幅広い協力の余地があると述べた。

本会議では、両国が生命と健康、スマート製造、エネルギーと環境、スマートシティと交通の4つの分野に焦点を当てて交流を深めた。両国の30以上の機関の代表が技術プロジェクトについての上映を行うとともに、典型的な事例を通じて、長江デルタにおける中国とフィンランドのイノベーション協力の成功事例を共有した。

[DW編集局]