[本文]

国名:
中国
公開機関:
新華社
元記事公開日:
2021/07/07
抄訳記事公開日:
2021/08/27
元記事の言語:
中国語

中国・2025年までに資源循環型利用体系の確立を目指す

2025年我国将基本建成资源循环利用体系

本文:

2021年7月7日中国国家発展改革委員会は、「第14次循環経済発展五カ年計画」を発表した。本計画は、2025年までに、資源循環型産業体系を基本的に確立し、社会全体をカバーする資源循環利用体系を基本的に完成し、主要資源の産出率を2020年と比べて約20%高め、単位当たりGDPのエネルギー消費および用水量を2020年と比べてそれぞれ13.5%、16%前後低下させることを目標としている。

本計画では、2025年までに、資源利用効率を大幅に向上させ、一次資源に対する再生資源の代替比率を高め、資源の安全性を支え・保証する上で循環経済の役割はさらに重要としている。農作物の茎・ワラの総合利用率を86%以上に保ち、大口固形廃棄物の総合利用率を60%、建築廃棄物の総合利用率を60%とし、古紙、スクラップの利用量は各々6,000万トンと3億2,000万トン、リサイクルされた非鉄金属の生産量を2000万トン、資源リサイクル利用産業の生産額を5兆元にする旨、明示している。

国家発展改革委員会の関係責任者は、循環型経済を全力で発展させ、資源保護と集中的なリサイクル利用を推進することは、国の資源安全を保障し、炭素ピーク、炭素中立を実現し、生態学的文明の建設を促進し、質の高い経済的社会的発展を推進する上で重要な意義を有していると述べている。

本計画は工業、社会生活、農業の3大分野において重要な任務を設定している。一つ目は、重点製品のグリーン設計を推進し、重点業種のクリーン生産を強化し、工業園区(団地)のリサイクル化発展を推進し、資源の総合利用を強化し、都市ごみの共同処理を推進し、資源リサイクル型産業体系を構築し、資源利用効率を高める。二つ目は、廃棄物回収ネットワークの整備、再生資源加工利用水準の向上、中古商品市場発展の規範化、再生産業の質の高い発展を通じて、廃棄物サイクル利用体系を構築し、資源リサイクル型社会を建設する。三つ目は、農林廃棄物の資源化利用を強化し、農業廃棄物の回収と利用を強化し、循環型農業発展モデルを推進し、農業循環経済の発展を深化させ、循環型農業生産方式を確立する。

本計画では、都市廃棄物リサイクル利用体系の構築、園区サイクル化開発、大口固形廃棄物総合利用モデル、建築廃棄物資源化利用モデル、循環経済重要技術と設備革新のための5大重点プロジェクト、および再生産業の質の高い発展、廃棄電気電子製品の回収利用、自動車の使用フルライフサイクル管理、プラスチック汚染のチェーン全体の管理、エクスプレスパッケージのグリーン転換、使用済みパワーバッテリーのリサイクル利用の6大重点行動を含む、「第14次循環経済発展五カ年計画」期間中の循環経済分野における5大重点プロジェクトと6大重点行動が計画されている。

[DW編集局]