[本文]

国名:
米国
公開機関:
国立衛生研究所(NIH)
元記事公開日:
2021/07/30
抄訳記事公開日:
2021/08/27
元記事の言語:
英語

NIH戦略計画2021-2025

NIH-Wide Strategic Plan for Fiscal Years 2021–2025

本文:

2021年7月30日付で国立衛生研究所(NIH)は「NIH戦略計画2021-2025」を発表した。戦略計画の概要は以下のとおり。

NIHの戦略:NIHはミッションを遂行し、公共投資のリターンを最適化するために、NIHの目標に沿った3つの重要な目的を含む戦略的な枠組みを策定した。これらの目的には、(1)生物医学・行動科学的研究分野、(2)研究能力、(3)研究実施、の3つの領域におけるNIHの優先事項が示されている。その中で、NIHはいくつかの横断的テーマを強調している。横断的テーマとは、戦略計画のすべての目的に共通するアプローチのことで、「マイノリティの健康増進と健康格差の是正」、「女性の健康増進」、「生涯にわたる公衆衛生上の課題への対応」、「共同研究の推進」、「生物医学的発見のためのデータ科学の活用」などである。

本戦略計画は、次の3つの重要な目的の枠組みに沿って構成される。

目的1:生物医学・行動学研究の発展:
今後5年間で、NIHは、基礎科学、疾病予防と健康増進、治療・介入・治癒という相互に関連する3つの分野で、最先端の生物医学・行動科学を推進する。

1) 基礎科学の推進
・研究の進展を可能にするデータリソースの構築 .
・発見を促進するためのツールと技術の開発
・集団健康の生物学的、行動科学的、および社会的決定要因の理解

2) 病気の予防と健康の増進
・ワクチンの新規開発と改良
・病気のリスクと負担への対処
・技術を活用して意思決定に情報を提供
・すべての人のための研究設計

3) 治療法、介入法、治癒法の開発と最適化
・適切な治療法を適切な患者に適切な時期に提供する
・細胞工学、バイオエンジニアリング、再生医療への貢献
・新たな公衆衛生ニーズへの対応
・治療法と治癒の促進のための提携

目的2:科学研究能力の開発・維持・更新:
今後5年間で、NIHは研究能力への支援を強化し、NIHが維持研究の潜在力を最大限に引き出す態勢を整える。

1) 生物医学と行動学研究の人材強化
2) 研究のリソースとインフラの支援

目的3:科学活動における最高レベルの科学的完全性、公的説明責任、および社会的責任の例示と促進:
今後5年間で、NIHは科学の実施を管理するプロセスを維持・強化するための追加措置を講じることを約束する。

1) 科学的に優れたスチュワードシップの文化の育成
・優先順位の設定
・支出と科学的進歩の監視
・証拠に基づく意思決定
・プログラム、プロセス、成果、影響の評価
・結果の伝達

2) パートナーシップの活用
・連邦政府とのパートナーシップ
・官民パートナーシップ
・国際的パートナーシップ
・市民参加

3) 生物医学・行動科学における説明責任と信頼性の確保
・厳密で透明性の高い研究による再現性の向上
・臨床試験のスチュワードシップを向上させる。
・包摂性を通じた倫理的かつ公平な研究の実施の保証
・データへのアクセスと共有による透明性の維持
・安全でハラスメントのない職場環境の醸成
・研究企業のリスク管理
・助成金プロセス全体における管理コストと作業の削減

NIHはまた、戦略のすべての側面にまたがる次の5つの重要な横断的テーマを設定している。
・マイノリティの健康の向上と健康格差の是正
・女性の健康の向上
・生涯にわたる公衆衛生の課題への対応
・共同研究の推進
・生物医学的発見のためのデータサイエンスの活用

[DW編集局+JSTワシントン事務所]