[本文]

国・地域名:
米国
元記事の言語:
英語
公開機関:
科学技術政策局(OSTP)
元記事公開日:
2021/09/30
抄訳記事公開日:
2021/12/08

医療高等研究計画局(ARPA-H)構想に関する公聴会の報告

White House and National Institutes of Health Release Report Summarizing the Listening Sessions with Stakeholders on the Proposed Advanced Research Projects Agency for Health

本文:

2021年9月30日付け、大統領府科学技術政策局(OSTP)による標記記事の概要は次のとおりである。

OSTPと国立衛生研究所(NIH)は現在提案されている医療高等研究計画局(Advanced Research Projects Agency for Health: ARPA-H)について、コミュニティから広く意見を聞くため、合計15回の公聴会を開催した。本日発表された新しいレポートには、それらの意見の内容がまとめられている。

ARPA-HはNIHの中の新しい組織として提案されており、今までの研究や商業活動では容易になしえなかった医療ブレークスルーを促進することで、全ての米国民の健康に寄与するものである。分子レベルから社会レベルまで、様々な疾患や状況において、破壊的な進歩を加速させる可能性のある、大胆でハイリスク・ハイリターンなソリューションを活用する。公聴会の目的は患者支援団体、非営利団体、慈善団体、専門家団体、学会、学術研究コミュニティ、産業界等の視点から、生物医科学および健康研究のブレークスルーを加速させるための、機会と障壁を理解することにあった。
報告書には、全米からの250近い団体を含む、5,100以上のステークホルダーからのフィードバックや提案の概要が記載されている。2つの分野に焦点をあてた主な点は次のとおり。

科学的ポートフォリオ:

  • ARPA-Hが展開するプログラムは、NIHや他の生物医科学研究助成機関の既存のポートフォリオを補足するものであり、それらと重複しない。
  • ARPA-Hが採用する人材から、それが展開するプログラムに至るまで、ARPA-Hのすべての面において、健康の不平等に対処し、健康の公平性を促進することの重要性と喫緊性を高める。
  • 生物医科学と健康研究全体に広く適用可能な技術やプラットフォームを進歩させ、疾患に特化したプログラムに集中することを避ける。
  • データのアクセシビリティ、統合性、互換性、共有、基準、ツールを加速し、AIを創造的に活用する。
  • 新しい治療法や診断法を患者に迅速に提供するために、まだ満たされていないニーズが高く、産業界からのサポートが十分ではない分野において、製品を市場に近づけるために、製品の商業化や移転のリスクの削減に注力する。

プロセス:

  • プログラム開発プロセスの早期の段階で、コミュニティ、患者、医療供給者をまとめ、エンドユーザーの視点がプログラムの設計と実装に反映されていることを確保する。
  • 他の分野(物理、経済、社会学など)の科学者の参加や、産業界、科学界、非営利団体、その他の組織との協力など、多分野融合協力とパートナーシップを促進し、優先的に活用する。

[DW編集局+JSTワシントン事務所]